photos

MicVacについて

食を通じて『郷土(土佐)』を考える

MicVac(ミックバック)は、スウェーデンMicVac社の開発による、電子レンジ対応の逆止弁機能(世界特許)を持つ専用バルブを使用した容器包装システムです。おいしさと日持ちを両立させるその画期的なマイクロクッキングシステムでは、専用生産ラインで殺菌し、その余熱で調理することで、食材のおいしさを逃さず短時間で仕上げます。
高南食品では、2015年1月に同システムを導入。自社商品「BARMESHI(バルメシ)」シリーズをはじめとする、冷蔵で45日間(製造日起算)の長期保存を可能にしたロングライフ惣菜商品を開発・製造・販売しています。

MicVac製品の特長

ロングライフ

チルド保管・流通で45日間(製造日起算)の長期保存が可能です。

栄養損失の少ない調理法

容器の専用バルブによって、従来のボイル加熱処理よりも短時間でマイクロウェーブの加熱処理ができます。

ふたフィルムに貼られた専用バルブでチルドレディーミールを実現

ふたに貼られた逆止弁機能付き専用バルブにより、製造による加熱時に包装容器内で高圧になった蒸気を自動排出します。製造ライン上の冷却時は、専用バルブが自動で閉じ外気を吸入させずに密閉します。このような流れで容器内の空気が少なくなるため、内容物の酸化を抑えることができます。

電子レンジで3分加熱するだけ。本格的なおいしさが味わえる

容器のシールを開けることなくそのまま電子レンジに投入して3分加熱すると、電子レンジ内で、専用バルブが容器内の圧力を適切に調整し、最適なタイミングで自動開封します。

これまでの常識を覆す、おいしさの創出

食材のおいしさをなるべく逃さず、むしろ食材のおいしさを引き出すように調理するこの製法では、食感もほどよく、栄養やこれまで煮崩れなどの理由で使用することのできなかった食材もご提供が可能となりました。

MicVacの概要を動画で見る

MicVacを使ったOEM製品の開発から製造までサポートします。

MicVacのPB/OEM受諾先として

私ども高南食品は、日本で唯一MicVac設備によるOEM製造が可能で(2016年4月現在)、さらにこの設備を使ったPB/OEMの生産受諾を行なっています。ロングライフチルド商品の受け入れ先としては、日本でも数少ない食品製造会社であるといえます。
MicVacにおいても、弊社他設備でのPB/OEM受諾と同様、フレキシブルな対応でクライアント様の多様なニーズにお答えいたします。

  • 小ロット(500P〜)からの対応が可能
  • 原材料指定、オリジナルレシピなど各種要件への柔軟な対応による商品づくり(諸条件あり)
  • MicVacのみならず、レトルト殺菌装置設備を活用したレトルト食品及び液体加工品など、様々なノウハウの蓄積による幅広いPB/OEM商品の製造をアシスト

PB/OEM概算MicVac設備(ロングライフチルド惣菜)

要件 製造ロット 概算価格(予測) 概算例算出にあたっての条件
弊社NB差し替え 500P~ 要相談 外装包材持込
オリジナルレシピがある場合 500P~ @250円 ~ 原料&外装包材持込
オリジナルレシピの開発から 500P~ @260円 ~ 原料&外装包材持込
オリジナルレシピの開発から 500P~ @270円 ~ 外装包材持込

外装(パッケージ)資材については、印刷業者及び弊社専属デザイナーのご紹介が可能です。
原料については、指定原料(産地指定原料、生産品)などを含みます。

開発フロー(概略)



高南食品では、衛生面に十分配慮した工場で厳しい工程管理と高度な技術力を駆使して、お客様のニーズに合わせた製品を製造しています。大量生産はもちろん多品種、小ロットにも対応できますので、お気軽にご連絡ください。

商品例

BARMESHI バルメシ

バルメシはスウェーデンで開発された画期的なマイクロクッキングシステムを採用しており、専用生産ラインとなるマイクロ波で食材の加熱調理と殺菌を短時間で同時に行い、栄養素も損ないません。
こうした製法により、食材のおいしさを逃さずパックにとじこめ、さらには冷蔵で45日間(製造日起算)の長期保存が可能なバルメシシリーズ。お召し上がりになる際は電子レンジで3分加熱(500W)するだけという簡単さで、本格的な味を楽しめます。休日のブランチに、またお子さまのお夜食や仕事や家事に忙しい方など、幅広い食のシーンでご利用いただけるラインナップとなっています。